飲み会が多い人は肝臓をもっと労わって!

肝臓は静かに悪くなる

お酒は酔っ払うと気持ちよくなりますが、アルコールは体にとっては毒なので肝臓で分解されます。

しかし、あまりに飲みすぎると分解するよりも飲む量のほうが多くなり、処理が追いつかなくなります。

その結果として肝臓にダメージが加わり病気を引き起こしてしまう危険性があります。

厄介なのは肝臓は別名「沈黙の臓器」と呼ばれ、病気になっても痛みが出ることはないので知らない間に症状が進行してしまうことです。

お酒の飲み過ぎで起きるかもしれない病気としては、脂肪肝そして重症化していくと肝炎、肝硬変と進んでいきます肝硬変ともなれば、細胞の破壊が進み機能が失われてしまいます。

肝硬変は最初体の怠さが出てくる程度ですが、やがて老廃物の代謝が行えなくなり意識を保つことができなくなり昏睡状態になったり、血の流れが滞り食道静脈瘤を引き起こし大出血で死亡することもあります。

ただ老廃物を薬で取り除いたり、静脈瘤を手術で破裂しないようにすることでこのふたつについては最悪の事態は少なくなっています。

一方で、肝硬変から肝がんを併発して死亡するケースは依然としてあるので気をつけなければいけません。

生酵素サプリで飲みすぎをカバー

お酒の飲み過ぎには気をつけたいけれども、断酒はしたくないというのであればアルコールの消化を助けてくれる生酵素サプリが役立ちます。

お酒を飲んだら肝臓でアセトアルデヒドそしてアセテートという物質に変わっていき、最終的に水と炭酸ガスになります。

ここでアルコールやアセトアルデヒドの消化を助けるのが酵素です。

人によって体の中の酵素がどのようなものかが違うので、お酒に強い弱いという体質の違いが出てきます。

すぐに酔ってしまうという人でも肝臓の負担を減らすためには、生酵素サプリを飲む事でなんとかなることもあるのです。

酵素ならば生である必要はあるのか、という疑問もあるでしょうが、熱に弱いので加熱殺菌処理をしてしまうと効果が薄れてしまいます。

生酵素であるからこそお酒を飲んだときに肝臓の働きを助けることが出来るのです。

肝臓に大きな負担がかからなければ、それだけ病気になる可能性を抑えることが出来、長生きをすることもできます。

まだ若いと思っている方でも長くお酒を楽しみたいならば服用するべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です